スコールが降る前に

趣味はミニマリスト本を読んで捨てモチベあげること。

夜寝る前の名作ミステリー

最近、個人的なことや仕事のことで、先が見通せない、思っていた通りにことが運ばなかった、自分に対する期待値が高すぎた等あり、鬱々としていた。
さらに、コロナで規制が厳しくなり、今いる国では外食ができない。気晴らしがなかなかできない中で、読書くらいしかやることがない。

とその時に見つけた早川書房の割引。そういえばアガサ・クリスティの本は何も読んだことがない。
そして誰もいなくなった」「オリエント急行殺人事件」くらいは死ぬまでに読んでおいた方が良い気がする。

300books.net

こちらのブログを参考に、「スタイルズ荘の怪事件」「アクロイド殺し」「ナイルに死す」「メソポタミヤの殺人」「オリエント急行殺人事件」「そして誰もいなくなった」をひとまず買ってみた。

英語版を読んだ方が良いかなともちらっと思ったけれど、原作自体が古い、イギリスが舞台、毒薬や家の設備など殺人事件の舞台になるものの固有名詞に弱い、というのがあるので読書自体を楽しみたかったので翻訳版にしておいた。

「スタイルズ荘の怪事件」「アクロイド殺し」までひとまず読み終えた。
翻訳物の名作ミステリーは自分と時間も世界も距離があるので、ほぼ登場人物に感情移入せず読めるところが気分が落ちている時に最適だと思う。
最後のびっくりを楽しみに知らない世界に浸って読み進めるという作業そのものをエンジョイできる。さすがミステリーの女王。今まで未読でいてよかった。

だいぶ昔に気持ちが落ちていた時は、コンプリートシャーロックホームズを毎晩寝る前に読み続けていた。

221b.jp

途中飽きが来たけれど、修行かのように完読した。

そういえば遠い昔の小学生だった頃は図書館のルパンを全部読んだ。 Amazonでまだ買えるのがわかってびっくりした。表紙の絵が懐かしすぎる。

([る]1-1)奇巌城 怪盗ルパン全集シリーズ(1) (ポプラ文庫クラシック) | モーリス ルブラン, 南 洋一郎, Maurice Leblanc, モンキー・パンチ |本 | 通販 | Amazon

内容をすでに忘れてしまったので、子どもがもう少し大きくなったら一緒に読みたい。

あと4冊は買ったものがあるので、しばらくはエルキュール・ポアロ三昧ができる。
ミセスマープルシリーズも気になっていたが、「アクロイド殺し」に出てくる語り手の姉がミセスマープルの原型に近いというレビューを見て、だいぶこの姉には読書中イライラさせられたので、ミセスマープルは好みではないような気がする。




何かめぼしい本がないかな、と思ってKindle Unlimitedを漁った時に引っかかってしまった今回のイケてないUnlimitedシリーズ。

www.amazon.co.jp レビューが高評価なので読んでみたけれど、レビューはサクラなのかなと思うくらい酷かった。検索結果からKindle Direct Publishingのものは外せないんだろうか。
Unlimitedは今月で一回Subscriptionを解約することにした。

BEASTARSとおしりたんてい

最近、Unlimitedで1巻目読んでから止められず、戦略にはまって全冊買いしたのがBEASTARS
www.akitashoten.co.jp 個人的には学園物で部活とかでわちゃわちゃしているところや、全寮制ということでハリポタ感あるところが好きだったので、レゴシが学校辞めてからはちょっとテンションが下がった。でも完走した。
犬部屋の話は、好きな人が多いだろうけど、やっぱり一番和む。(個人的に未だに意図がつかみかねているのがレゴシ祖母の行動。納得が行かない。)



と、そんなビースターズ読み終わったばかりのある日、子どものために「おしりたんてい」の新しい本を読んでいた。こちらで買うと高いので日本で買って荷物を送る時に一緒に入れてもらった。

www.amazon.co.jp

この本には2話目に同時収録の「ブラウンのものがたり」が入っている。助手のブラウンの過去の話なのだが、そもそも始まりから「この頃は喋れなかったし」とブラウンが思い出を語っていて不穏な感じがする。

読んでいくとわかる衝撃の事実が以下の通り(ネタバレあるかもしれないです。注意してください。)


* わんころ警察学校に入るまで生徒の犬は洋服を着ていないし、喋れない、二本足で立てない!!


今まで目についたおしりたんてい本を適当に買ってきたので、出版順に追えていないけれど、個人的には以下のように「おしりたんてい」ワールドを理解していた。

  • 基本人間はいない (例外が今の所おしりたんていとかいとうU位だけど、どちらも頭があのままっぽいのでトイレカテゴリだと思っている)

  • 動物が二足歩行で洋服を着て、同じ言語でコミュニケーションが取れる (ダンゴムシカニなどもいる。あまり種別ごとの大きさにはビースターズほど拘ってない。)

  • 小さい子供の時から上記の前提は一緒 (コアラちゃんとその友達など)


ということで、そうなると学校に入るまで(特殊訓練校っぽいので入らなかった場合もある)裸で言葉が喋れない犬が、子供のうちから洋服を着て二足歩行して喋ったり遊んだりしているコアラの傍に存在することになる。

そもそも今、助手として吊りズボンで帽子かぶって活躍しているブラウンが、数年前(おしりたんていの見た目がそれほど変わってない)に洋服きているおしり探偵の脇で普通の犬の格好で写真に写っているというのが衝撃すぎた。
かなりの訓練をしないと二足歩行ができないし、衝撃的なことがないと言葉が喋れるようにならない犬達。
いやこれ、学校入れたかどうかで大きく変わる階層問題とか、被差別グループ問題とかになるんじゃ!!とビースターズ脳になってるのでごちゃごちゃ考えてしまった。

あと警察犬からの発想だとは思うけど、警察官が全員犬(確か)で占められているので、警察官になった別種族のマイノリティ問題とかでも1話できそうだなと思った。そういえば、警察官達がダッシュし続けないと爆弾破裂する話でも、誰も四足で走ってなかったな。そっちの方が速そうなのに。

色々考え込んでしまった隣で、1話読み終えた子どもは静かに眠りについた。いや、でも、モヤモヤする設定だな。

早川書房の割引と英語でザリガニはなんというかの話

早川書房の1500作品が最大50%割引というのを見たので、何か買うかなーと思って探してみた。

前から気になっていて、最近2021年の本屋大賞を取った「ザリガニの鳴くところ」があった、ちょうどいいので買うか!という気になった。 www.amazon.co.jp

ふと気になるのが、ザリガニって英語でなんていうのか、原著のタイトルは何なのか、ということ。

英辞郎で調べてみると以下の通り。

Cambaroides japonicus《動物》〔学名〕
crawfish《動物》〔ザリガニ上科(Astacoidea)に属する淡水生のエビ類。〕
crayfish《動物》〔ザリガニ上科(Astacoidea)に属する淡水生のエビ類。〕
yabbie〈豪〉
yabby〈豪〉


一方、本来のタイトルは"Where the Crawdads Sing"だった。英辞郎の一覧にない単語。 Crawdadを英辞郎で探すと、crawfishに回されてしまう。

www.merriam-webster.com

こちらで crawdadを調べてみると、

—used chiefly west of the Appalachians

となっている。本の解説さらっと見たところ、舞台となるエリアが重要そうなので、この単語が選ばれているのかもしれない。ちょっと腹落ちした。

原著版調べて気づいたけど、Kindle版の価格が日本語翻訳版のものに比べてめちゃくちゃ安い。(2021年6月時点のAmazonジャパンの価格)
原著版

  • 単行本 2,616円

  • ペーパーバック 1,328円

  • Kindle版 194円

翻訳版

  • 単行本 2,090円

  • Kindle版 1,045円

元のKindle版がめちゃくちゃ安い。単行本版がほぼトントンなのにKindle版がだいぶ安いのは、対応しているマーケットが世界全体だからなんだろうか。今度時間があったら調べたいと思う。

ということで、結局英語版の方を購入することにした。早川書房セールはそれはそれとして色々購入するつもり。

ジャストシステムが日本を救うんじゃないか

幼児教育振りの続き。ジャストシステムのスマイルゼミが凄い、というのと、これ応用して高齢者向けにもあったら良いんじゃないかという話。

takenokago.hatenablog.com

小学生のICTの授業で使ったワープロソフトがそう言えば一太郎だったなぁという記憶以外、ジャストシステムという社名を聞くことがほとんどなかったので、スマイルゼミの広告を見たときは驚いた。

ミニマリストを志向している人間的に、4歳を超えた頃からこどもちゃれんじの付属物攻撃に疲れだしていた。子どもにも好みが出てきて、付録を活用する時としない時の幅が多く、もったいない上に嵩張る。

その時に、タブレットだけで完結できるというのは非常に魅力的に見えた。デジタル至上主義派・電子書籍派でもあるので。
ちょうど近所の百貨店で体験コーナーが週末に開催されていたので子どもと行ってみた。どの子もそうかもしれないけれど、目先が変わるとやりたがる性格なので、当然楽しそうに取り組んでいた。
そもそも5歳に近づき自分のタブレットが欲しい年頃なので「やるよ!!」といつもにないやる気を見せていた。

ジャストシステムのWikipediaを見て、2012年から小学生向けタブレット通信教育に参入したのを知った。一時期、いろいろな企業の経営戦略についてのレポートを書くために、業種転換や新規事業開拓などの事例を集めていたことがあるので、その頃にジャストシステムについても気づいていたら、かなり興味深いレポート書けたのではないか、と思った。一太郎見なくなってジャストシステムATOKだけだなとか思っていて申し訳ありません。

送られてきたタブレットはAndroidOSのもので、子どもの興味を引く仕掛けがいっぱいあって感心させられた。日替わりで手に入るカードや、着せ替えのできる自分のアバターのおかげで毎日やる習慣がついたのは良いことだと思った。
何よりも隣に座っていなくても一人でできる、送り迎えが不要なところが、共働きで保育園から帰ってきてバタバタしている時にありがたかった。

時たまある季節ごとのイベントや、動画・音声と連動した操作感なども含め、家には不要物も増えないし、タブレット様様だと思った。コロナで自宅学習になったときは追加配信もあったし、入学準備として入学前診断についてのレッスンまであり至れり尽くせりぶりがすごい。身長測るよ、とか何をやるよというのが絵と音声で説明されていて、未知のことへの恐怖心というのが減るようになっていた。

最初のワクワクが終わると、やり渋りがまた発生したけれどそれでも何とかほぼ毎日実施する、というのは実践ができている。お陰で入学前にはひらがな、カタカナ、数字が100まではほぼできるようになった。
ペンが使えなくなった時にコールセンターに電話したけれど、親切に対応してもらえた。

まとめるとよかった点は以下のところ

  • 横についていなくても一人でできる

  • やった内容を親が後からチェックできる

  • アバターの洋服を手に入れたい、などご褒美目当てでも毎日電源入れるという習慣付けができる

  • タブレット欲しい欲が満たせる

  • 比較的安い

  • 旅行の時にも持っていくことができる・海外でもそのまま学習を継続できる

  • 入学前にひとまず達成しておきたいレベルまでは最低限辿り着ける



小学生コースになって色々変わり、難易度も上がったけれど、今のところまだちゃんと実施できているのでしばらく続ける予定。

少し前に認知症予防のために脳トレが流行ったけど、小学生コースをもうちょっと改変した高齢者向けコースとかあったら良いなと思った。
算数にプラスして、選択制で歴史、俳句・短歌、小説などがあったら、認知症対策だけではなくDigital Divideの対策にもなるんじゃないかな。
小学生コースには見守り機能で何時に何やったかがわかるようになっているので、そのまま安否確認にも使えるし、以前より計算問題の間違いが有意に多くなってきたらアラートあげるとかもできそうだし。
自分が高齢者だったら、家族に心配されてから病院に行くよりはこういうデバイスで判断されて検診を受けてみる、の方がいい。

入学前検診のように、コロナのワクチン予約の方法(地域によって仕組みが違うので難しいかもしれないけれど)や、マイナポイントの登録方法などが随時配信されて動画込みで学習できたら、まず取り組む不安感など払拭できて、心理的なハードルがだいぶ下がると思う。

幼児教育の振り返り

子どもが小学生になったので、就学前にやっていた習い事の振り返り。

小学校受験もしていないし、保育園児だったので保育園でのいわゆるお勉強というものはやっていない。

  • ベビー公文 0歳
    ベビー公文に通っていた。なんとなく育休中で暇だったのと、第一子なので気合が入っていて、「早期教育!!」と思ったからだった。 歌ったり、0歳児には全く理解できてなかったと思うけど国旗を見て国名を答えたり(私もわからん)、英単語を繰り返す(発生もおぼつかないので繰り返せないけど)などがあった。 絵本も歌もCDも教材に含まれていて、絵本は何度も読んだので通ってよかったと思う。あとは先生や他の親と会うのが気分転換にはなった。が、平日の日中クラスだったので、復職して忙しくなったのでやめた。

  • こどもちゃれんじ 1歳ー5歳
    しまじろうパペットが私が欲しかったので1歳児になるタイミングで王道こどもちゃれんじを始めた。 毎月おもちゃは来るし、教材も繰り返し読むし、やって良かったと思う。3,4歳児の頃は届くのが待ちきれない様子で、マンションのポストに入っていたら大喜びで開封していた。
    ただ、よくクチコミにもあるけど、毎月やってくるおもちゃがだいぶストレスになる。繰り返し遊ぶものと遊ばないものがあるし、嵩張るし、捨てようとすると子供が嫌がるし。
    追加で4歳の頃申し込んだこどもちゃれんじEnglishは付録の教材グッズの巨大化に拍車がかかっていて耐えきれず半年でやめた。

  • 公文 4歳ー5歳
    ちゃれんじは継続しつつ、公文を始めた。他の子がやってるのを羨ましがったことと、保育園では勉強の時間があえて取られているわけではないので、読み書きぐらいはできるようになっておいたほうが良いかなと思ったので。
    国語と算数の2教科で週2回通うのとプリントで、14000円ちょっと。思ったより高くて驚いた。
    妹が公文に通っていて山のようにプリントやらずに溜め込んで怒られてた記憶が蘇った。それから約30年、ICTの進化ってなんですか?と言わんばかりに、プリントの束を渡される日々が自分の子どもにもやってきた。

    目先が変わると頑張るタイプなので最初は熱心に家でもプリントに取り組んでいたけれど、だんだんやらなくなってくる。確かに同じことを何度も延々と繰り返させられるのは、退屈そうだなと側から見ていて思った。やらせる側もつまらない。

    プリントが溜まっていくのも、頑張ってやらせるのもイライラが溜まるし、最後は本人が教室にすら行くのを拒否しだしたので1年くらい通ってやめた。
    続けている子は同じ歳で漢字が書けるようになったり、計算式が解けるようになっているので、ちゃんと実践して継続できたら素晴らしいのだと思う。ただ、子どもの適性と親のやる気と指導力が必要とされる。

    でもまぁ、ひらがながある程度描けるようになったのと数字を30まで言えるようになったのは、公文に通ったお陰だと思う。あと勉強するってこと、机に座って何かをするってことを学べたとは思う。
    幼児は送り迎えが必須な上に、終わるのが早いので家に一旦帰るのも微妙で、外のベンチで待機する必要があるのも辛かった。


その後、スマイルゼミに移行、という話だけど長くなったから分けます。

今までのおすすめ度

  • ベビーKumon
    親の関与 ★★★★★
    コストパフォーマンス  ★★★★☆
    ものが増える度 ★☆☆☆☆
    子どもの成長に役立ったと思える度  ★★☆☆☆

  • こどもちゃれんじ 親の関与 ★★★★☆
    コストパフォーマンス  ★★★★☆
    ものが増える度 ★★★☆☆
    子どもの成長に役立ったと思える度  ★★★★☆

  • こどもチャレンジEnglish 親の関与 ★★★☆☆
    コストパフォーマンス  ★☆☆☆☆
    ものが増える度 ★★★★☆
    子どもの成長に役立ったと思える度  ★☆☆☆☆

  • 公文 親の関与 ★★★★☆
    コストパフォーマンス  ★★☆☆☆
    ものが増える度 ★☆☆☆☆
    子どもの成長に役立ったと思える度  ★★★★☆

朝日新聞の広告高齢化

朝日新聞が赤字らしい。 b.hatena.ne.jp


家族が朝日新聞を購読しているので、紙面と同じものをアプリで表示されるデジタル版をほぼ毎日見ている。 ブラウザで見ている人にはわからない世界がここにはある。
特に広告。毎朝広告エリアを見るたびに高齢化の進む日本について辛い気持ちになるので、デジタル版くらいは購読年齢に応じて表示内容変えるターゲット広告にしてもらいたい。

5月27日の広告がある面を書き出してみた。カッコで括ったのは高齢者がターゲットっぽい広告があると個人的に判断した面。

(1) 書籍広告 「高齢ドライバー脳活ドリル」含む
2 書籍広告
(3) 書籍広告 「老いの福袋」含む
4 週刊新潮
5 積水ハウス
6 週刊文春
(7) 通販 トイプードル デジタル酸素飽和度メーターなど
(8) 全面広告 通販 シミ対策ジェル
9 なし
(10) インプラント
11 なし
12 なし (参考)投書欄 9投書中60歳オーバーが8
13 なし
14 自社関連通販会社 日傘
(15) 全面広告 永代供養
16 全面広告 オリーブオイル
17 日本ダービー
(18) 全面広告 通販 育毛剤など
19 外壁工事
(20) 全面広告 膝痛サプリ
21 なし
(22) 高麗人参サプリ 煽り文句がやばい
23 バームクーヘン
(24) 全面広告 高齢者向け賃貸住宅など
25 美容ゲル
(26) 悪玉コレステロール
27 女性セブン ピアノ買取
(28) 骨こつケア サプリ
29 テレビ番宣
(30) サロンドプロ
(31) 60歳以上向け女性下着
(32) テレビ欄 「お父さんの多目的爽快スラックス」

やばさが伝わってくれたら嬉しい。特に、朝から「75歳、現役バリバリ」とか見せられる身にもなってもらいたい。
記者は記事の下にどんなものが来るのか、完成形は全く見ないんだろうか。

コロナ鬱

色々ままならないことが多く、鬱々としてしまった。 こんな時、Before Covid-19だったら飲みに行ったり、パーっと出歩いたりできたのに、それも難しい。

この国では、レストラン等の飲食や、2人以上で集まることが禁止となってしまった。

気が晴れることがあまりなく、今まではコロナ鬱とはある程度無縁だと思っていたけれど、だいぶ精神的に厳しくなってきた。